ブブカの育毛剤でみるみる生える|ふさふさヘアを取り戻せ

男性

脱毛症治療の薬

毛根

脱毛治療の注意点

脱毛症は毛が正常に生えてこなくなるものです。脱毛症といっても加齢によって発生する生理現象と病気によって発生するものがありますが、いずれにしても毛が生え変わるサイクルが正常に行なわれなくなり毛が生えてこないようになります。また皮膚の環境によっても毛が生えてこなくなる場合があります。環境が理由で毛が生えてこなくなる場合には育毛剤などを使ってケアすることで改善することができますが、加齢による生理現象によって発生するものは発毛剤を利用するしか治る方法がありません。発毛剤の種類としてはミノキシジルのように血管拡張作用のある薬を皮膚に塗って浸透させ毛根細胞を活性化させるものと、内服することで脱毛症の原因である男性ホルモンを抑制するフィナステリドがあります。

今後の治療薬は

脱毛症治療では、発毛剤としてミノキシジルとフィナステリドの2つが使われています。これらは日本でも発毛剤として認められておりミノキシジルに関してはリアップという名称で薬局でも購入できる大衆市販薬ともなっています。フィナステリドに関しては病院で処方してもらうか個人輸入で購入することになります。一方で、これらの発毛剤は価格が高いため続けるにはコストが掛かります。このため外国で生産されているジェネリック医薬品の個人輸入も盛んに行なわれています。また脱毛症治療としてはHARG療法と呼ばれる再生医療を応用したものも登場しています。HARG療法は発毛因子を皮膚に直接注射するというもので高い効果があるものとして知られています。